大震災ショックでクローズアップされた天皇家のこころのケア

$PTSD研究家翠雨の日記
震災後
クローズアップされる
皇室です。
【象徴】は大事なときに出てきます。
 ―わかりやすい信号なら
 そこここに
 いつでもあります。
ご公務が
祈りであることを
思い出させてくれます。
それは
こころのケアに他なりません。
天皇家の系譜である
『古事記』は
こころのケアのために
書かれた
のですからね。
 ―理由は何度も書きました。
人間はショックを受けると
足元を確かめる
ように
できているのです。
 ―無条件に指針にするのですから
 宗教みたいなものです。
 中味はトラウマですがねダウン
PTSD研究家翠雨の日記
十人十色と言いますが
日本人ならば
戦争トラウマや
古事記の書かれた時代のトラウマを
無意識に共有していますダウン
PTSD研究家翠雨の日記
命令されたわけでもないのに
なんか戦時中みたいな
雰囲気に染まっているのは
このためですひらめき電球
温故知新
あの頃を思い出しながら
あの頃より
日本人は
賢く強く優しくなりますニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。