大震災ショックで広告の中心に人文書院『表象の傷』

$PTSD研究家翠雨の日記
まるで戦争みたいな
惨状で
国民も
★被災地を思えば
(昔は兵隊さんを思えば)
「欲しがりません。
勝つまでは」的な
自重傾向
★このご時世に
~したら非国民と
思われそうな
同調圧力
戦時中の日本人みたいです。
それで
こういう本が
広告に出たりするんでしょうね。
 ―戦争前後での表象の変化について
 書かれています。
確かに
日本人には
戦争トラウマがあり
日の丸や君が代が
その象徴として
塗りかえられて
しまっています。
 ―それで
  ★強制して憚らない人と
  ★無条件に拒否する人
  感情的に極端な
  二分化がみられます。
  
  普通にも
  複雑な思いをします。
傷つきが象徴を創り
ストレスがあると
象徴に還って行きます。
 ―★象徴である皇室が動かれ
 ★工藤静香らが仏画で象徴をアピール
 ★PTSDが流行ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です