『曽根崎心中』はPTSD解離に関する象徴的意味

$PTSD研究家翠雨の日記
遊郭での
恋愛という
おきて破りのご法度
命を懸けて
★本当に生きる二人と
★解離するその他大勢の
 ―場当たり的に恋愛する。
対比が鮮やかです。
自殺はいけませんがひらめき電球
死ぬ気でがんばれ!というのは
こういうことを言うのでしょう。
 ―奇跡を起こすときの
  秘策ですから
  一生に何度もあるものでは
  ありません。
  
  くれぐれも風邪ひいて
  熱のあるときに
  使わないでくださいねニコニコ
心の中の秘密を示したのが
【象徴】ですが
文字通りに
こころに響いてしまった
 ―快と不快でしか
  判断できない解離人格は
  運命と勘違いする。
当時のPTSD解離町人たちによる
心中事件が頻発
 ―【投影的同一視】
 
慌てた政府があせる
「ご法度である!」と
上演禁止令を出したそうです。
平成の世でも
事情はあんまりかわりませんね。
ユング心理学の研究者でも
「象徴はなくなった」として
発達障害の研究に走ってます。
色恋に悩むのは
発達障害ですかね?
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です