そうだ!精神科薬害問題はデトックス外来で生き残れ!

京都で
次女(15)と
長男(12)に
薬物入りシチューを
食べさせ
意識障害などにさせた
母親(47)が
逮捕されました。
★母親は
「薬をのんで寝ていたので
記憶にない
★長男は
瞳孔が収縮し
支離滅裂なことを言ったり
ふらついたり
★次女は
眠気を訴え
すぐに興奮する
精神科でもらった
精神安定剤が
一家をパニックに陥れました。

  …
危ないからと
急に服薬をやめてはいけないとひらめき電球
言われてますが
それだと
叫び「どうしたらよいのか…」と迷ってるうちに
元の木阿弥になりますし
叫び飲んでいる以上、日々副作用の随伴的強化が行なわれています。
 ―何にもしないことが
 (飲んでますから
 「してる」んですが
  否認してます)
 悪化を導きます。
$PTSD研究家翠雨の日記やめてもやめなくても…
精神科クリニックが生き残る術は
あります。
デトックス外来です。
これは科学者でないとできません。
 ―心理療法は科学ではありませんニコニコ
★患者さんは自分の感覚を
しっかり意識して伝え
★医師は
PTSD患者さんから
しっかり
【傾聴】して
患者さんのためになるアドバイスをする。
その協力体制は
うまくいけば
PTSD治療にもなりますよドキドキ
どうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。