被災地に広がるアートセラピーによるこころのケア

$PTSD研究家翠雨の日記
フィンガー・ペインティングと言いますひらめき電球
 ―この子たちは
  足にも絵の具をつけてるそうですがあせる
 
  かまいません。
  楽しいだろうと思いますドキドキ
筆で描くより
より原始的
無意識的表現になります。
活火山なんかを描いて
お母さんが
驚いて
やめさせたりすることも
あるそうですが
これは
必要な表現なんですね。
$PTSD研究家翠雨の日記
びっくりして
押し込めたエネルギーを
噴出する表現ですから。
展覧会に出品するのではなく
自分のこころのケアのために
描くのですから

★お行儀よく
★きれいな絵を
★上手に
描かなくてよいのです。
 ―これは認知行動療法にみられる
 間違いです。
 コンプレックスを
 抑圧・否認するお手伝いをするのが  ←まちがい
 認知行動療法です。
発散しようとしているのを
 ―発散しようとしていない子どもを
 けしかけてはいけません。
 何事にも時期があります。
抑えると
あとあと大変なことになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です