一般公開京都御所の左近の桜の意味

京都御所で
恒例の春の一般公開が桜
始まりました。
東日本大震災の
被災者らに配慮し
戦後に公開が始まってから
初めて
宮中の様子を再現した
人形展示や
雅楽、蹴鞠の催しを
中止しました。
 ―天皇家は
  総じて自粛ムードです。
$PTSD研究家翠雨の日記
殺人
人の鼻孔をひいて  ←鼻の穴は陰陽相殺
直接脱去す」
太極である
象徴が否定されると
陰陽の相対性が
活性化されダウン
  ―「あれだけ被害が出たので
   華やかにしないのは当然」という意見と  ←陰
  「日本全体が萎縮するのはよくない。
  普段通りやった方がいい」という意見に  ←陽
  分かれます。
八卦(世界)が刷新されます。
大極殿前の
「左近の桜」が有名ですがダウン
$PTSD研究家翠雨の日記
$PTSD研究家翠雨の日記
右近の橘と対になっています。
春と秋の循環が
この国では大事です。
昨日も書きましたが
秋に固く固く
実が実るように  ←橘はその象徴
桜を囃します。
 ―木気らしく
 振動させます。
御所は
しだれ桜もきれいです桜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です