花見は陰陽五行説流こころのケアであり騒がねば意味がない

果たして花見は本当に不謹慎なのか 呉智英氏が解説
 東日本大震災以降、日本中に「自粛」ムードが漂っている。その中でも「花見」を自粛する向きもあるが、果……….≪続きを読む≫

花見とはひらめき電球
★意味は陰陽五行説にあり
★日本人のこころのケア的行事の
1つです。
 ―行事というのがそもそも
 陰陽五行説の言葉です。
 5つの気が循環するために  ←停滞は悪
 行なう事です。
結論から言うと
そもそも騒ぐものであり

騒がねば
花見ではない
のです。
正しくは「囃(はや)す」ですがあせる
 ―落語なんかでみる
 お囃子(はやし)のことです。
$PTSD研究家翠雨の日記
農耕民族には
秋の収穫が
一大イベントですが
 ―生活を支えますから。
の実りを確かなものにするために(静)
に囃すのです。(動)
 ―春は木気
 太鼓のドン!という振動も
 木気の象徴です。
  秋は金気
  鳴り物ならチン!となる金物です。
  ちんどんやさんは
  チンドン囃しながら
  「とーざい(東西)とーざい」と
  言います音譜
東西の軸は基本の1つです。
 ―物事は東に生まれ  ←皇太子は東宮
  西に没します。  ←西方浄土
桜は
春のど真ん中に咲くので
特別な花です。
 ―このはなさくやひめという
 桜の花の精さえいます。
 神さまのひとりです。
科学的ではありませんが
壮大なファンタジーを駆使して
 ―無意識は知性では
 活性化しない。
たましいを鼓舞するのですクラッカー
科学では
 ―抗不安薬とか
こんなことできませんニコニコ
だから
(ご近所や桜に失礼なことは
 いけませんが)
騒いでくださいニコニコ
  
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です