ユング派の考えるトラウマなしの解離性同一性障害

$PTSD研究家翠雨の日記
ユング派の発達障害研究家も
 ―八百屋なのに
 野菜があんまりなくて
 靴屋みたいに
 靴がたくさんあるみたいな
 不思議さ
昨年7月の研修会では
さすがに
「解離性同一性障害」について
語っています。
 ―ユング派発達障害研究家2人は
 どちらも
 阪神淡路大震災後
 「解離」についての本を出しています。
 ユングはジャネに影響受けてますから。
『箱庭療法研究』の最新号によれば
ユング派は
ユングの自己実現
(個性化の過程)を
解離の過程と考えているようです。
  ―陰陽五行説とは書いてませんが
  このブログの読者なら
 
$PTSD研究家翠雨の日記
  太極を常に否定し
  八卦(心的世界)を刷新していく
  健康なモデルのようなものと言った方が
  わかりやすいかもしれません。
そして
解離性同一障害というのは
そこに【否認】があって
充分に解離しきっていない
状態と考えるようです。
ここまでは
まあこれでもよいのですが…
治療論は
★クライエントの作り話を冷ややかに見守り
★その空虚さに気づかせること
 ―苦しみから逃れるために
 意識的にしがみついている
 偽のストーリーはあると思いますが
 「冷ややかに」というのが
 どうも嫌な感じですね。
$PTSD研究家翠雨の日記アリエッティより
ユング心理学は
箱庭や夢を使って
治療するのですから
★言語化しないし
★統合はないし
 ―二元論じゃないし
 永遠の過程ですから
 
★箱庭や夢は
 無意識だから
 そこは作り事はないし
★箱庭に空虚な表現ばかり続くことは
 ありえない
です。
 ―アリエッティに出てくる
  お手伝いさんみたいな  ←お手伝いさんになってない
  視線で見られたら
  怖くてトラウマになり
  その再演で
  治療に通ってしまうかもしれないです。
やはり
無意識を表面的にしか読めないことが
諸悪の根源
のようです。
 ―かぐやひめやポニョがわがままなら  ←象徴否定するしあせる
  (並みの文学者でも笑うだろう)
 目の前のクライエントもわがままになり
 最近までは【発達障害】扱いしてたのでしょう。
しかし
トラウマと関係のない
 ―心的外傷後ストレス障害ではない
解離性同一性障害って一体何?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です