両親の不和が子どもの未来をPTSDに追いやる

ウィリアム王子と結婚する
ケイトさんについて
英国民は
★育った環境が
(ダイアナ元妃より)
安定しており
★あらゆる点で成熟し
★足元がしっかり固まり
★そのままの自分に満足しており
★ウィリアム王子の交際期間が長いので
大丈夫だろうと
安心感をもっているようです。
結婚がうまくいくかどうかは
ほぼ
性格にかかっていますね。
性格は
過去の産物です。
過去の産物ですが
生きて
現在に作用
します。
ダイアナ元妃は
両親の不和という
自分の責任ではないところで
幼少時から
★悩み
★翻弄されてきたので  ←親権争い
自信がなく
結婚後の孤独から
 ―心的外傷後ストレス障害
 ストレスがあると
 トラウマのある過去に
 退行します。
 
過食症に悩みました。
 
 ―養育されていた頃の
  トラウマですから
 
  摂食障害になることは
  多いです。
  食べ方が
  まだわからなかった時代です。
$PTSD研究家翠雨の日記
アリエッティに出てくる
翔も両親の離婚による
寂しさを抑圧しています。
翔はアリエッティに癒され
ダイアナ妃は
スピーチカウンセラーに出会い
過去を回想することを勧められ
癒されて
自信を回復しました。
たかが両親の不和と
侮れないですね。
人類は少しずつ
学んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です