震災でPTSD再発見中「強制わいせつは軽微な犯罪ではない」と法相も喝!

江田五月法相は
閣議後記者会見で
福島地検が
東日本大震災の直後
処分保留で釈放した中に
 ―仙台、福島両地検は
 3月11~16日
 勾留中の容疑者約60人を釈放
強制わいせつ事件の
容疑者が含まれていたのは
「報告を聞くと
軽微とは言い難いことが明らかになり
大いに疑問で
適切さを欠いていたのではないかと思う。
大変残念だ」と
述べました。
わいせつ事件は
十分トラウマになります。
 ―わいせつでPTSDになっても
  おかしくないということです。
  世の東西を問わず
  中世には常識になっていますひらめき電球
被害者は
恐ろしさや不安などの
コンプレックスで
パニックになったかも知れません。
法相が正しく判断し
コメントされたのは
当たり前の内容でありつつ
震災ショックによる
学びだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です