韓国ドラマ『海神(へシン)』にも見られるジブリ作品の【象徴】的モチーフ

$PTSD研究家翠雨の日記
奴隷として
生を受け
不自由な身の上を恨む
主人公が
 ―三国志にも登場
次々と襲いかかる
苦境を乗り越えながら
唐・新羅・日本を股にかける
海の覇者にのし上がっていくまでの
お話です。
主人公は
アリエッティに出てくる
原始少年スピラーみたいな
弓の名人です。
 ―クンボク(弓福)
$PTSD研究家翠雨の日記
第一話の始めに
主人公等は
追われて崖にやってきます。
$PTSD研究家翠雨の日記
「死ねと言ってるのと同じだ」と
飛び込んだ友達に
主人公は
本当に飛ぶやつがいるか
オレまで死ぬかと思った」と言いますが
コレは
『崖の上のポニョ』の
裏モチーフ
【如人千尺懸崖上樹】という
公案そのものです。
この崖は低くてよかったですがあせる
PTSDに落ち込むと必ず遭遇する
生きるも地獄
死ぬも地獄を
二元論ではなく超えていく
テーマが 
韓国ドラマには
普通に出てくるようです。
$PTSD研究家翠雨の日記
何度も逃亡を繰り返し
あきらめず
海を制覇する主人公は
ポニョみたいですしねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です