被災地の子どもたちと大水害に遭い放浪の哲学者になったパラケルスス

PTSD研究家翠雨の日記大哲人
幼い頃に
水害で
日常が
非日常に
変貌してしまったのを
見ました。
常識では
理解しがたい
理不尽な目にあうと
普通の子どもなら
考えなくてもよいことを
考え
自分なりの答えを見つけないと
生きていけなくなります。
東日本の沿岸地域の
子どもたちは
これから
長い長い思索の旅に出ます。
ジブリも応援しますが
PTSD研究家翠雨の日記象徴に出会って癒す
こころの専門家の皆さんが
足を引っ張らないように
お願いします。
一見
発達障害や
 
 ―お勉強がしにくくなったり
  常識から外れたりします。
うつ病のように見えることは
よくありますからひらめき電球

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です