震災ショックでトラックジグザグ走行死亡遊戯のPTSD解離少年たち

昨日夜
神奈川県相模原市で
専門学校生の18歳が
運転する
軽トラックが横転して
(別の)18歳少年が
死亡しました。
トラックには
車内に3人
荷台には死亡した少年を含めて
4人が乗っていました。
わざと
ジグザク運転を繰り返し
「スリルを味わいたかった」
話しています。
死亡遊戯ですね。
そこまでしないと
★生きている気がせず
★アイデンティティが保てないのは
PTSDでしょう。
虐待されたり
苛められたり
DVお父さんに育てられたりが
日常だった
過去に
 ―今は友達がいるから  
  現実的には安全なのに
『ドキドキするのが日常』と
条件づけられ

こころに強く刻印されてしまっているのです。
 ―無意識は
 細かい区別ができません。
 ジェットコースターに一緒に乗ると
 仲良くなったりしますからひらめき電球 
嫉妬から
中学生を焼き殺そうとしたり
被災地以外の子どもも
震災以前より
荒れはじめています。
このまま未治療で
大人になったら
試し行動や勘違いが
日々強化されて
大変なことになります。
 ―随伴的強化は致命的です。
早期の治療が望まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です