疎開被災児童の里親への試し行動すでに開始されている

被災児童が
「ステーキ食べたい」
『…』と感じながらも
レストランに連れてゆくと
翌日
猛烈な下痢
心配になって
「便見せて」
「うぜぇ!」とにらまれた。
   …
心のケアの響きは
やさしいですが
実態は
ここまで来ています。
 ―生易しいものではありません。
地震によるストレスではなくても
PTSDの子どもの治療で
よく見聞する
パターン化された
話です。
里親も不安だと思いますが
不安に駆られて
自分の気持ちを【抑圧】すると

いけません。
 ―抑圧により
  ★子どもの気持ちも置いてぼりになりますし
  イキナリお肉を食べたら
  ★下痢するという知識まで
  吹っ飛んでいます。
  これでは子どもを守れません。
同時に
感受性豊かな子どもの
視点に立たねばなりません。
わかっていれば
むつかしいことではないのですが
基本的知識がないと
被災児童も里親も
混乱して
二人精神病のような叫び
状態に陥ります。
 ―二人PTSDですがね。
問題が複雑化する前に
手を打たねばならないと
思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です