カンヌに行けない海老蔵の映画『一命』より凄い日本のPTSD異聞記

5月11日に開幕する
「第64回カンヌ国際映画祭」の
コンペティション部門に
歌舞伎俳優
市川海老蔵(33)と
俳優
瑛太(28)が
W主演した映画
「一命(いちめい)」が
正式出品されるようですが
海老蔵は
謹慎中なので
カンヌには
行かないようです。
 ―行かないのか
 行けないのか
 陰陽混合の無我の境地
 「一命」の原作は
武家社会に立ち向かう
 ―封建的なものと闘うのは
 PTSDのモチーフ
です。
 平成でも同じです。
2人の侍の生きざまを描いた
「異聞浪人記」
 ―世間の反省なき
  未治療PTSDが煽り
  バッシングする内容と
  PTSDからみた事実は
  全く違います。
日常でも
PTSD社会における
異聞記
を作りましたね。
それは
あんまり読まれていない
ようだけど…ガーン
 ―★被害者なのに
 殺されても仕方がない人間だという
 私刑容認の恐ろしい
 集団バッシング
 ★加害者は過剰防衛だからよいと
 モンスターPTSDたちの
 合理化
 ★一部被災地にも
 その元型が出没
モンスターPTSDたちは
津波ショックで
善良人格に豹変して
被災地のために祈ってる。
叫び
 ―まるでオカルトだ…あせる
恐ろしい構図が
PTSD解離社会では
フツーにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です