文科省のお墨付きを消した原発事故は「こころの健康教育」を書き加えられるか

高木義明文部科学相は
閣議後記者会見で
文科省と資源エネルギー庁が
平成22年2月に発行した
小中学生向けのエネルギー学習用の
副読本について
放射性物質(放射能)を
「しっかりととじこめています」などとする
複数の記述が
東京電力福島第1原発の
事故と照らし合わせた際に
不適切だとして
内容の見直しを行うことを
明らかにしました。
うつ病は
薬をしっかり飲めば
治ります。
 
 
 ―大嘘!ですよ。念のため…あせる
これはどうですか?
こころのケアについても
正直なところを
書いた副読本をつくり
「こころの健康教育」を
開始してほしいです。
 ―中国にはあるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です