名古屋小2男児殺害のフィリピン女性もPTSD解離人格

名古屋市のマンションで
小学2年生男児(8つ)が
殺害された事件で
殺人の疑いで逮捕された
親類で同居の
フィリピン国籍
無職女性(26)は
男児の母親に
「フィリピンに帰れ」と言われ
「不満だった」と
供述しているようです。
不満が鬱積して
ストレスになり
解離したのは
PTSDだからですね。
確かにひらめき電球
国に帰れと言われたら
悔しいし
哀しいし
途方に暮れるでしょう。
相手を憎いと思うのも
普通でしょう。
しかし
そこでキレる(解離する)かどうか
そこが
健康なこころとの
大きな違いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です