米国航空管制官居眠り対策にもこころのケアが必要かも

最近
7件相次いで起ったそうです叫び
パイロットは
自力で着陸していますが
怖いですね。
 ―いろいろ自力の時代ですが
 こういうのはちょっと…。
 象徴的すぎます叫び
★管制官の十分な休息を確保するため
勤務態勢を見直し
 ―勤務から勤務までの時間を
 長くする。
★早朝や夜間に
職場責任者の数を増やし
管制官が居眠りをしないよう
目を光らせることにしましたが
心理的な原因はないのでしょうかね。
何かありえないことが
起っているような気がします。
一番大事な時間に
無気力になるのは
 ―スチューデントアパシーとかは
 学業だけしません。
 今はPTSDと言いますが。
【解離】をうかがわせます。
本来の緊張感に加え
アメリカの空港は
テロ対策も厳しく
緊張感が高いのかも
しれません。
 ―緊張が高すぎると
 急速に弛緩しますから。
こころのケアが必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です