草彅 剛は『月の街 山の街』を翻訳しながらこころのケア

韓国の
貧しい街のお話ですが
山の高いところにあり
お月さまに近いのです。
家族のつながりなど
日本では希薄になるばかりなので
 ―場合によっては
 DVですしね。
豊かなものがそこにあるように
感じますね。
PTSD研究家翠雨の日記
「僕は
冷めているので
韓国の情熱に憧れる部分がある。
ハマると
想像できないくらい
感動してしまい
それにまた驚く自分がいる」
   …
やはり
抑圧の強い人みたいですね。
韓国人からみれば
日本人は
だいたい抑圧的ですが
この人は
自分でもその傾向が強いことを
認めています。
それで
お酒に酔って
公園で発散する必要があったのですね。
 ―あの時は完璧に解離してましたね。
 警官に向かって
 「裸で何が悪い!」ですからね。
ただ読むのもよいですが
 ―カタルシスがあるので
翻訳するという作業で
冷静に
感情と向き合うのは
より
心理療法的だと思いますニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です