女優の田中美佐子も2男児はねるがクレーン車事故と違い反省できる

神奈川県鎌倉市で
昨日
午後7時ごろ
塾から帰る長女を
車に乗せて
駐車場から出ようとした際に
歩道の左側から
自転車で近づいてきた
小学3年生(8)と5年生(10)の
男児に気付かず接触
2人は転倒して
胸や腕に軽傷を
負ったようです。
朝クレーン車の居眠り事故を
『怖いな』と思ったはずです。
注意していたはずの事故ですね。
 ―しかも怪我をしたのは小学生
注意しながら
回避すべきことに
接近している構造ですね。
 ―この無意識の引きずられ構造が
 怖いのです。
しかし
事故処理を良心的に行い
反省されているところは
容疑者と大違いです。
 ―容疑者は悪気はないのですが
 まだ反省できません。
 自分でも理解できないからです。
 
10年以上前の接触事故について
★防止できなかった事故だと
 言い
  ―子どもが急に飛び出した。
★車には乗らず
★自分は前科モノだと威張りながら
二重思考で生きている
PTSD解離人格者も
いますからね。
解離の程度もいろいろです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。