『ビルマの竪琴』  ~被災地の自衛隊員にこころのケア

自衛隊の方々の
遺体処理
大変なお仕事のようです。
 ―考えてみれば
 当たり前でした。
逃げ出す人がいるのは
当たり前でしょう。
 ―すでに2名
 PTSD解離犯罪を
 犯してしまいました。
ふと
この作品を思い出しました。
$PTSD研究家翠雨の日記
お話の最後で
主人公は
 ―外地で
 殺されそうになり
 命拾いしています。
 戦争が終わったら
 すぐ帰国したいと思うと
 思うのですが…
道々で
無数の日本兵の死体を目にします。
葬るものとておらず
無残に朽ち果て
蟻がたかり
蛆が涌く遺体の山。
衝撃を受け
英霊を葬らずに
自分だけ帰国することが申し訳なく
この地に留まろうと決心し
出家し
本物の僧侶となりました。
  …
あまりの惨状と
死の世界を見てしまうと
出家するくらいの
意識改革が
起ってしまうのではないでしょうか。
出家しないで
日常世界のなかで
その作業を行なうのは
誰にだって
容易なことではないと思います。
せめて
こころのケアはしなくては
ならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です