朝日新聞『青銭大名』第八十二話  アニマとの付き合い方

$PTSD研究家翠雨の日記
主人公
五郎左の前に現れたのは
いつか夢に出てきた女性でした。
 ―たくさんの女性がいるわけですから
  気になる女性に対し
  そういう風に感じるのです。 
相手の素性が
わからないことからくる畏れと
化かされた怒りが
こみ上げ
「化生め!」と
刀を抜きかけます。
 ―解離してますね。
 相手には罪はないのに。
男性の
夢に出てくる
見知らぬ女性は
自分の分身でしょう。
影みたいなものです。
未知のものですから
コンプレックスの塊で
感情が揺さぶられます。
しかし
落ち着いて
 ―切り殺してはいけません。
対話をすることが
大事です。
夢の中だから
コントロールできないって?
そう杓子定規に考えないで
今度会ったら~しようと考えていると
できるようになるものです。
夢見の方法です。
自我が強くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。