震災ショックで精神的苦痛も賠償対象になる

東京電力
福島第一原子力発電所の
事故の賠償範囲の
指針を定める
文部科学省の
「原子力損害賠償紛争審査会」は
被災者の精神的損害についても
賠償の対象として
認める方針
を固めました。
苦痛がいろんな次元で
正当に評価されるのは
心のケアにとっても
大事なことです。
過去には
難しかったことですね。
無条件に
認められるようになったのは
画期的なことですが
理解が
いつも
多大な犠牲の上にしか
発生しないのが
なんともいえない
ところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です