石巻の避難所に数千万円配るこころのケアの陰陽

東日本大震災の被災地
宮城県石巻市で
「西日本小売業協会」などの
メンバーと称する
複数の男性が
 ―タイガーマスク的なネーミング
  実在するかどうかは不明
  よいことも異熟しながら
  拡散しますニコニコ
5カ所の避難所に
身を寄せる被災者に
現金3万円が入った封筒を
配ったり
市職員に
現金約500万円を渡したり
配布した現金は
数千万円に上ると
みられます。
石巻市は
気持ちはありがたいが
公平に配布するため

市への義援金として
提供してほしかった」と
しています。
義援金が
★適切に
★早急に
★役にたっているのか?
  ―詐欺であったり
  強盗に会ったりして
  善意が阻害されるケースも  
  多発していますし
  スピーディではない苛立ちが
  むくむくと沸いているのは確かでしょう。
集合的無意識的表現だと
思います。
 ―普通は思っててもなかなか
  行動に移せないのですが
  実行力のある人が
  代表して行ないます。
DVシェルターでも
感じることですが
お役所仕事の頭は固い。
 ―仕方がない部分もあるでしょうが。
公平に配る方向は
焼け石に水的な効果であり
ときには
それを破るような
サプライズは効果的
だと
思います。
$PTSD研究家翠雨の日記
一即多  多即一
バランスがむつかしいですね。
しかし
被災地の人のこころには
その気持ちが届いているでしょう。
行動しなければ
感じられない気持ちもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です