『マルモのおきて』陰陽五行説的心のケアの物語

$PTSD研究家翠雨の日記
主人公は
高木護
 ―マモルだから
  マルちゃんなんだろうけど
  マル秘ヒミツ的なニュアンスで
  守るべき
  描かれているように
  推測します。
高木は
ポニョや漱石的な
普遍的な意味があります。
 ―いろいろあるけど
  ここでは
  客観性という意味にしておくかな。
  主観が集まると
  集団ヒステリー(PTSD)に
  なりますひらめき電球
海老蔵バッシング
怖かったですからねガーン
  ―こういう人が正義みたいな
  だから海老蔵なんか死んでも
  当然みたいな風潮がありました。
$PTSD研究家翠雨の日記
物語の始まりも
友人の突然死
韓国ドラマの定石ですね。
 ―冬のソナタも
  恋人の死からです。
  しかも記憶喪失で
  別人になって目の前に
  現れますから
  ヒロインにはPTSD予防が必要です。
亡くなっただけなら
偲び方が
足りなくなる恐れがあるから
神さまは
双子を授けます。
 ―親友の忘れ形見
  逃げようのない
  現実として
  考えさせます。
$PTSD研究家翠雨の日記
  しっかりものの女の子
  甘えん坊男の子
  ですね。
いろいろあって
途方に暮れていると   ←無我・空
ムックという犬に出会い  ←無垢
この犬を交えた4人で
 ―話す犬らしい。
本音で向き合ってゆきます。
陰陽五行的な
PTSDのフセンがある物語ですニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です