被災地に【おもちゃで★心のケア】も広がる

東日本大震災で
避難生活が長引くなか
避難所などで暮らす
子どもや認知症高齢者の
心のケアが課題になっています。
 ―すっかり市民権を得ましたドキドキ
心のケアに
おもちゃを生かす研究をしている
「玩具福祉学会」
(本部・東京)では
先月半ばから
被災地におもちゃを送り
医師たちの診療活動に
役立てているそうです
 ―被災地以外でも
 これからは
 そうしてほしいですねニコニコ
★「避難所にはおもちゃがないので
うれしい」と
子どもが
笑顔を見せると
★母親も
「子どもの笑顔を見ると
私たちも元気になる」と  ←元回復
目を細めます。
 ―DVシェルターでも
 子どもの箱庭が
 親子を癒しますよ。
薬よりおもちゃですよ。
 ―遊戯療法というのがあるくらいです。
 子どもは言語化できませんから!
 遊んで治します。
遊びは
自己治癒力を引き出す力があります。
 ―自己治癒力を引き出すのが
  こころのケアの定義ですひらめき電球
臨床心理学の
教科書が
被災地に流れ出したような
感じですクラッカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です