震災ショックで全国の受刑者の善意も義援金として結集

江田五月法相は
記者会見で
全国の受刑者約2800人から
東日本大震災の義援金として
合計約2156万円
(11日現在)の寄付が
あったことを明らかにしましたニコニコ
「施設側から働き掛けはしておらず
収容者の自発的な意思に基づくものだ。
義援金を送ったかどうかで
処遇に差をつけることもない」と
述べました。
★千葉刑務所231万円
(359人)
★横浜刑務所226万円
(324人)
★京都刑務所210万円
(299人)などです。
大切な
所持金や作業報奨金からの
支出です。
 ―苦しい思いのなかで
 日々過ごされていると
 思います。
 これも百尺竿頭一歩進めよ
 ですね。
 そのこころは
 受刑者のPTSDを
 癒しているはずですクローバー
$PTSD研究家翠雨の日記
受刑者のなかの
善意
集合的無意識的に
結集しました。
 ―不思議な現象ですが
  こころって
  そういうふうにつながっているのでしょう。
$PTSD研究家翠雨の日記海印三昧
考えてみれば
被災者のやるせなさや
孤独や不安を
存在論的哲学的に
一番ひしひしと
知っているのは
受刑者かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です