自衛隊にこころのケアがなければ10万人がPTSDになる計算

海上自衛隊の
自衛官が
レンタルビデオ店で下半身を露出し叫び
公然ワイセツの疑いで
逮捕されたりして
 ―車を盗みながら逃走した人も
  いました。
「何だ。こいつ!むかっ」と
世間は馬鹿にしますが
立ち止まって考えねば
大変なことになると思いますひらめき電球
逮捕された自衛官は
「約2週間
宮城県沖の遺体の収容作業にあたった。
厳しい勤務で緊張の連続だった」と
吐露しています。
 ―二度と行きたくなかったのです。
 阻止するためには
 何だってするくらい
 怖いのです。
10万人以上の自衛官が
被災地で働いていますが
そのほとんどが
ホンネでは被災地に行きたくない」と
思っているようです。
こんな仕事なら
弱音を吐くには至っていなくても
肉体はもちろん
精神的にヘトヘトだろうと容易に
推測できますダウン
    禁止気の弱い方は読まないで下さい禁止
★災害現場で寝泊まりし
★風呂にも入れず
★食事も被災者には温かいモノを配るが
 隊員は缶詰           
  ―戦地みたいですね。
★遺体と簡単に言いますが
 男女の区別がつかないくらいに傷み
 手足が取れたり
 体の一部だけが
 浮いていることも当然あります。
★担架が足りないため
 遺体を背負って運ぶこともあります。
★背中は遺体から流れる
 体液でビッショリ濡れて
 においが取れません。
 お風呂には入ってないのです。
精神的にかなり
マイってしまうそうです。
 ―そりゃそうだと思います。
米軍も
「軍隊の仕事は生きている人を守ることだろう」と
驚いています。
$PTSD研究家翠雨の日記
宗教観の違いでしょうが
それも含めて
PTSD予防をしないと
遺体処理の問題だけで
10万人もPTSDが
増えたら
大変なことになります。
 ―自殺者は年間3万人ですからね。

2 thoughts on “自衛隊にこころのケアがなければ10万人がPTSDになる計算

  1. Mart

    SECRET: 0
    PASS:
    本当に心が痛みますね。
    誰もやらないから、俺達がやる、
    という使命感も、何時までも続くものでも無いと思います。
    でもやはり、
    今これらの仕事が出来るのは彼らしか居ない。
    だからこその、ケアが必要ですよね。
    せめてお風呂に入れてあげるとか、温かい食事を摂らせてあげるとか、何らかの配慮があれば、と思うのは、無理な話なんでしょうかね?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です