防護服がつなぐ高松塚古墳(象徴)と原発(現実)

高松塚古墳は
 
 ―陰陽五行説の象徴世界です。
 キトラ古墳はわかり易い当てはめですが
 こちらは少し複雑です。
 
巨大地震で損傷し
水や異物が浸入して
カビだらけになりながら
その事実が隠蔽されていて
 ―日本のユング派も
 陰陽五行説抜きに
 PTSDを理解しようとするから
 みんな発達障害や人格障害に
 見えるようです。
防護服を着た人々が
いろいろがんばりましたが
解体させるしかありませんでした。
 ―解体寸前の
 臨床心理士国家資格プロジェクト
記者会見に同席した
河合隼雄文化庁官は
 ―日本にユング心理学を
 導入させた人
 臨床心理学の神様的存在
 二世は
 なぜか最近
 発達障害のことばかり言う。
直後に倒れ
一年ほどの長い眠りのあと
帰らぬ人となりました。
 ―私は急性ストレス障害を
 疑っています。
 象徴に直撃されたのです。
 本来癒すものですが
 刺激が強すぎました。
同じ防護服を着た人たちが
今度は
原発に出入りしています。
 ―臨床心理学は
 根源を問われています。
象徴と現実は
恐ろしくリンクしていますよ。
これでも象徴の存在を否定しますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です