JR西日本の人身事故遺族の悲痛な叫び

$PTSD研究家翠雨の日記
朝日新聞では
遺族の方が
ハッキリ書いているのは
初めて見ました。
 ―最近中国人留学生が
 ハッキリ書いてましたが
 生々しい話はどうしても
 抑圧されがちです。
 前意識あたりにあるので
 PTSDにはなりませんがね。
この地域は
多発地帯なので
駅で遅延理由を知らせます。
 ―全部本当ではないでしょうが
 人身事故と書かざるを得ない
 日もあります。
$PTSD研究家翠雨の日記
$PTSD研究家翠雨の日記
主人公は溺死ですが
タイトルは車輪の下です。
 ―象徴的な意味ですが。
主人公は
アルコールに酔って水辺にふらふら
近づいたようですが
現実には
うつ病の薬を飲んでいることも
覚せい剤を使っている場合もあります。
 ―大差なかったり
 前者がより
 危険だったりするそうです。
主人公も
自殺者も
うつ病ではなく
PTSDです。

2 thoughts on “JR西日本の人身事故遺族の悲痛な叫び

  1. りんこ

    SECRET: 0
    PASS:
    読ませてもらってありがとうございます。
    複雑な熱いものが胸にこみ上げてきて泣けそうになりつつ励まされる思いを感じました。
    ほんと「PTSD」ですね。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >りんこさん
    私もいつも読ませていただいてます。
    ちょうど、アリエッティの説明をするのに「私はここにいる」というピンクの文字を拝借しようと思っていたところで、奇遇だなあと感じました。
    痛みを伴うんですよね。でも掲載してよかったです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です