『ハングオーバー』PTSD解離俳優婦女暴行で逮捕

この夏も
公開される
大ヒットコメディ映画
「ハングオーバー
消えた花ムコと
史上最悪の二日酔い」に
 ―PTSDである
 アディクションの最悪ですね。
 自分に差し迫った問題だったわけです叫び
出演していた
俳優ダグラス・ブライアン・アーヴィンJr(32)が
強制猥褻罪で逮捕されました。
ラスベガスのホテルに
マッサージ嬢を呼び
180ドル(約15,000円)の
ボディスクラブコースをオーダー  ←合法
その後
「10,000ドル(約81万円)払うから」と ←違法
セックスを強要し
お金を先にもらえるならと
言われると
偽の警官の身分証を出し
 ―何で持ってるんだ?
 映画じゃないのに。
「自分はいま麻薬取締官と来ている。
ただで言うことを聞かなければ
君が困ることになる」と一転
 ―解離して
 現実がスタジオになったんですね。
結果的に
犯罪者になってしまいました。
日本なら
公開中止ですかね。
多大な損失になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。