『借りぐらしのアリエッティ』哲学がない機能不全家族型PTSD

アリエッティは
父と娘の物語だそうです。
 ―ポニョは
  母と子です。
$PTSD研究家翠雨の日記
初期の頃の
お父さんイメージだそうです。
ドイツ人の哲学者みたいだと
書かれています。
 ―最終的には
  もっとやさしい顔になります。
翔君も
哲学書とか読んでます。
ちょっとユングっぽい
感じもします。
ユングは
心理療法では
クライエントに哲学的忍耐力が
必要と言っています。
 ―そして
 何度言ってもすぐ忘れるから
 
 ★セラピストは教える立場になく
 ★共同作業なのだと
 繰り返すことや
 ★ある程度理論を学習してもらうことが
 大事だと言っています。
そして
フロイトは
父と息子のコンプレックスを
重要視しましたが
ユングは
父と娘のコンプレックスを
対比させました。
機能不全家族が言われだして
最初に槍玉にあげられたのは
父親不在でした。
 ―会社人間と揶揄されたのでしたが
 もっと精神的な意味で
 父親が不在ですね。
 家庭に哲学がなく
 バラバラ
ですよね。
現代日本での
モデルを描きたかったのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です