リンゼイさんPTSD解離殺人のPTSD市橋裁判始まる

2007年
イギリス人女性
リンゼイ・アン・ホーカーさんが
遺体で見つかった事件で
殺人などの罪に問われている
市橋達也被告の裁判に
出廷するため
遺族が日本へ出発しました。
両親の社会的地位は
高く
経済的問題もなかったと
思います。
逃げる際の
運動能力の高さや
整形しながら逃亡する様から
 ―仕事についており
 まじめだったとの証言もあります。
知的能力には
問題がないと思います。
使い方を間違えるのが
PTSD解離人格です。
逮捕時は
ショックで食べられなくなりました。
 ―急性ストレス障害
 もともとPTSDで
 ストレスに極度に弱いタイプです。
こころは多重人格なので
現実とのつじつまを
あわせるためには
顔も変える必要性が
でてきました。
裁判所はなんと
判断するかな?
妹を殺害したケースとか
この後もPTSD解離裁判
目白押しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です