『借りぐらしのアリエッティ』もPTSD治療はラポールから

$PTSD研究家翠雨の日記
物語の始めは
この橋を
ベンツで渡るところからです。
$PTSD研究家翠雨の日記
こころに橋をかけるのを
ラポールと言います。
 ―心理療法の基本を
 皇室の方々のこころのケアに
 確認できます。
こころが双方に
自由に流れる状態で
一方的な
指示や命令、教唆は
ラポールとは呼びません。
$PTSD研究家翠雨の日記
ラポールが形成されると
こころのお庭に
通されます。
皇居のお庭は
自然が一杯のようですが
翔君の連れて行かれる
お屋敷は
広いですが
荒れた庭です。
しかし
どんなお庭にも
アリエッティ(癒しの象徴)がいるので
こころを純粋に保てば
出会えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です