被災者がPTSD発症解離性強姦致傷で逮捕

3日未明
気仙沼市の会社員(38)が
強姦致傷の疑いで
気仙沼署に逮捕されました。
ボランティアに来ていた
30代自営業の
女性が寝ていたところ
体を触った上
頭を殴ったり
カッターナイフのようなもので
切りつけたりして
軽傷を負わせ
乱暴しようとした疑いです。
 ―こころのケアをする人に
 こころのケアが必要になりました。
「知らない」と
容疑を否認しているそうです。
1度は避難所生活を
送っていたようですから
PTSDを発症
解離してしまったのでしょう。
こころのケアがないと
傷ついた人が
どんどん加害者になります。
$PTSD研究家翠雨の日記
ドラキュラに咬まれて
手当てがないと
ドラキュラ化します。
問題は複雑になってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です