ハリー・ポッター現実でも創造の病

主役の
ダニエル・ラドクリフ(21)が
米誌「GQ」とのインタビューで
語りました。
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を
撮影していた
18歳のころ
酒にはまり
「アルコールに頼らないと
楽しめなくなった」と言うほど
依存状態だったようですが
今は
自宅で本を読むなどして
静かに過ごす生活を送っていて
昨年8月から
お酒はまったく口にしていないそうです。
可愛い子役が
青年になり
『ちょっと無理がある』なんて
ささやかれた頃では
ないでしょうか。
 ―世論は非情です。
次のステップに移行するまでの
創造の病であり
今はそれを克服したと
いうことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です