二十歳の日体大生も震災ショックでPTSD解離の悪魔にやられる

西武の菊池雄星投手と
花巻東高
(岩手)
野球部時代に
チームメートで
甲子園の出場経験もある
日体大野球部2年の
佐藤涼平さん(20)が
横浜市内で
5日に自殺していました。
将来を悲観した内容のメモが
見つかっているそうです。
才能があって
若くても
悲観の度合いが
強く
受け止めきれないほどならば
それは
ストレス過多で
解離し
自殺するということでしょう。
岩手出身なら
たくさんの喪失体験が
あったはずです。
追い討ちに
あいましたね。
ストレスはうろつきまわる
悪魔ですドクロ
やはりこころのケアが
大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です