山口百恵はPTSD時代のかぐや姫の象徴

わがままを貫いた人ですね。
 ―しかし
 今では
 こういうのは
 わがままとは呼ばなくなりました。
$PTSD研究家翠雨の日記
『秋桜~コスモス』では
音譜 今更ながら
わがままな私に
唇かんでいます

明日への荷造りに
手を借りて
しばらくは楽し気にいたけれど
突然涙こぼし
元気でと
何度も何度も くりかえす母 …
でしたね。
 ―寂しさを否認しきれなくなって
  本来の元気を取り戻そうと
  しているわけです。
  自己治癒力ですね。
  なかなか原理的ですひらめき電球
かぐや姫も
翁らとの別れが辛くて
泣いていた時期がありました。
しかし
マイクを置いて
もう戻ってこなかったのです。
これからの
PTSDの時代
かぐや姫のように
本来の自分の行くべき方向をみつけ
 
 ―自己実現・個性化の過程
貫くことが大事だと
 ―障害が必ず出てくるけど
 貫けば
 そのうち理解される。
お手本を示したので
今でも
伝説になっているわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です