東武鉄道運転手(43)公然わいせつとPTSD解離性ホーム転落事故

埼玉県で
乗務中に
電車の運転席で
下半身を出した
東武鉄道運転士の男(43)が
逮捕されました。
ホームにいた女性会社員(18)が
気付き
帰宅後に
家族を通じて通報しました。
 ―あまりのショックで
 こうなります。
 
 こころのケアが必要です。
運転士は
「シャツを直すために
ベルトを外しただけで
露出はしていない」
小学生の頃
こういう子がいました。
43歳になったら
もうだめですネ。
状況判断ができなのは
解離しています。
無意識には
タブーを冒して
 ―ドキドキしますね。
麻痺させたい何かが
あったのだと思われます。
鉄道自殺も多く
 ―ホームから転落する人が増えている。
ブレーキを
過剰に意識しながら
運転するのは
常時心身に負荷がかかり
ストレスフルですからね。
こころのケアが大事な職場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です