PTSD問題に向きあうオバマ大統領の強さとやさしさは生い立ちから

今は亡き
お父さんは
ハワイ大学の学生のとき
ケニアに妻と二児がいるのに叫び
 ― 早婚&一夫多妻文化なので
アメリカ女性と
できちゃった結婚叫び
大学に
「重婚ではないか」と
詰め寄られ目
妻とは離婚してるし
生まれてくる子は
養子に出すと
適当なことを言って
急場をしのいだそうです。
 ―如人千尺懸崖上樹
 ピンチを切り抜けるのは
 気概です!
文化差があり
善悪ではなんとも
言えない話ですが
オバマ大統領には
★このしなやかな強靭さと
★もし自分が
養子に出されていたらという
 ―トラウマティックなものの
 種ですね。
想像性が
同居していると思います。
そう言えば
ビンラディンも
かなり複雑な家庭環境でしたね。
あの問題解決能力には
生い立ちも
相当関連していると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です