アメリカ大統領でも大金持ちでも殺すものは殺されるPTSD哲学

国際テロ組織
アルカイダの
最高指導者だった
オサマ・ビンラディン容疑者が
潜伏していた
パキスタンの隠れ家から
オバマ米大統領と
ペトレイアス司令官への
攻撃を検討する文書が
発見されました。
$PTSD研究家翠雨の日記
殺そうとするものは
殺されます。
65億円相続しても
 ―めまいがしそうな
 機能不全家族です。
 知能は高く
 194センチもありました。
 
アメリカのトップにあっても
 ―里子に出されていたかもしれないと
 知りました。
それは免れません。
大統領も司令官も
死の恐怖を感じたと思いますから
引き続きこころのケアが大事でしょう。
大統領は
禁煙に成功し
 ―アディクションの治療ですが
 喫煙前より
 自我が強化されているはずです。
ダライラマにも会うようです。
PTSDという観点から
非暴力で
 ―二元論を超えた哲学
立ち向かおうとされていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。