古墳で花火する非行少年のPTSD治療とは?

昨日
神戸市西区の
「吉田王塚古墳」
(全長約100メートル)で
池に囲まれた墳丘の
外周付近が燃えているのを
近所の住民が見つけ
119番通報しました。
中学3年の男子生徒2人(14)が
「古墳に花火を打っていたら
火がついた」
「怖くなって逃げてしまった」と
話していますが
 ―心的外傷後ストレス障害は
 
 場当たり的に  ←快に接近
 楽しい行動をし
 ストレスにほだされると
 逃げてしまいます。 ←不快は回避
人間の問題行動には
世の中への
啓蒙の意味もあります。
 ―無意識的なものであり
 だからと言って
 非行は非行です。
5世紀ごろの問題に
火をつけるとは
非行少年恐るべしニコニコ
$PTSD研究家翠雨の日記
自分の責任ではないところで
PTSDになるのです。
それを救うには
こういう視点が必須です。
PTSDと教えてもダメです。
余計悪化する場合も
多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。