アル・パチーノのPTSD解離愛娘飲酒運転で逮捕即釈放

ジュリー・パチーノ(21)が
マンハッタンの
ウエスト・ヒューストン・ストリートで
飲酒運転の検問に引っかかり
逮捕されました。
担当の警察官は
「彼女の目は充血し
涙目になっており
ろれつが回らず
息からは強いアルコールの臭いがしていた」と
コメント
本人も
ビールを3杯飲み
マリファナを吸っていたことを叫び
認めましたが
 ―ルール無視のアウトロー化
 大分致命傷ですね。
アル・パチーノ(71)が
ロサンゼルスから娘のもとへ急行
保釈金を払ったので
釈放されました。
裁判になって
依存症の治療に入るんでしょうね。
うらやましい制度ですが
リンジー・ローハンなんかは
『ケッ!かわいそう過ぎる私を
どうしてくれるのよ!』って
感じで
当たり前のようにあると
案外有効利用されなくなるみたいです。
そこが
PTSD治療の難しいところです。
彼女はどうなるか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。