沖縄で連続放火のPTSD解離元米兵ロスでも放火し逮捕される

沖縄で
2001年に起きた
連続放火事件で
逮捕・起訴された元米兵(34)が
 ―「日米地位協定」を盾に
  身柄引き受けに数日かかりました。
ロサンゼルス近郊で
車に放火した容疑で
 ―周辺では7月頃から
 相次いでいて
 関連を捜査中
昨日
ロサンゼルス市警に
逮捕されました。
家族と離れ
異国で
集団生活しながらの
戦争訓練は辛かったのでしょう。
 ―ストレスになります。
 ここでストレスに弱い
 PTSD患者は
 悪化します。
放火という名の
依存症がしっかり形成され
 ―条件づけ
除隊しても
無意識的に
ふと思い出して
繰り返してしまいます。
軍隊生活の
アフターケアは大事でしょう。
 ―そのなかで
 幼少期の問題も見つかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。