さだまさしの『アントキノイノチ』PTSD克服と自己実現の物語

$PTSD研究家翠雨の日記
21歳の主人公が
こころの病になるまでの
経緯と
 ―エッ?と思うような
 ありふれた悪意が
 こころの傷になり
 時間をかけてPTSDを
 (この場合はドロップアウト)
 形成するのです。 
その治癒過程が
描かれているようです。
 ―治癒しますから。
 してる人もいることを
 お忘れなく!
仏さんを助ける仕事に
向き合うようになるとは
なかなか
ユング心理学的です。
仏さんは
信仰の対象ではなく
人が無になれば         ←仏
あらゆるものが沸いてくるという ←佛
仏教原理そのものですからね。
さすが
若いとき
『精霊流し』を描いた方です。
タイトルがなぜカタカナか?
ヒロシマ・ナガサキ・フクシマ
トラウマは
凍りついた記憶ですからね。
 ―フクシマの場合は
 思考停止っぽいですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。