てんかん発作で小学生4人をはねたPTSD解離運転手に禁錮一年

車を運転中に
持病のてんかん発作を起こし
登校中の小学生4人に
重軽傷を負わせた
福山市の
アルバイト警備員(38)に
禁錮1年が
言い渡されました。
てんかん発作による事故を
起こした経験がある上
医師から運転を止められていたのに
免許がないと不便だからと
意識喪失の事実をふせて更新する
自覚のなさです。
 ―常識も良心も
 解離しています。
こういうのは
てんかんによる事故ではなく
PTSD解離事故です。
 ―がんを宣告され
 不安に駆られて暴言を吐いたら
 それはがん細胞のせいでは
 ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。