エイミー・ワインハウスさんPTSDのために永遠に

$PTSD研究家翠雨の日記
ロンドンの家が
リハビリ用チャリティ
エイミー・ワインハウス基金の
本部になる予定だそうです。
父親も
自分のように
子どもを失った悲しみを
ほかの親に
味わわせたくないという気持ちが強く
娘のように
リハビリが必要な    ←依存症のリハビリ
若い人の治療のために
予算を組むよう
英政府に呼びかけているそうです。
「困った状況にある子ども
病気の子ども
子ども用のホスピスなどを
含めてもいい」と
 ―とりあえずは
 困った人を助ける。
幅広く考えています。
PTSDは
依存症だけでも
多彩ですからね。
記念館などは
存続が難しいご時世ですが
PTSD治療のためなら
永遠に残ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。