PTSD解離人格たちの英暴動怒るアスリート

PTSDの人たちの
 ―理不尽なこころの傷つきが
 あるのはわかります。
 しかし
 それは暴力への免罪符になりません。
個人内にある
鬱憤が
解離スイッチを見つけ
 ―出口をみつけ
 爽快感を感じたまま
 気づかねば
 依存症になります。
暴動に加担し
煽っています。
来年夏には
五輪を控えているのに
「コレじゃ誰も
 来たがらない」
「世界に間違ったメッセージを
 発信してほしくない」
「何のために騒いでるのか
 理解していない」
アスリートたちは
怒ってます。
日本のPTSD問題も
同じです。
一生懸命地道に
克服するための
ブログには勇気づけられますが
勘違いし
開き直りながら
モンスター化する人たちが
間違った情報と
PTSDに関するよくない印象を
ばら撒くのは
見ていられません。
 ―PTSDは人格障害と
 誤解され始めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。