PTSD解離性体罰教諭は失業し賠償金131万円を自腹で払う時代に

堺市が起こした訴訟で
男子生徒に
体罰を加えたとして
停職処分となった
市立中学校の元男性教諭(61)が
 ―依願退職
生徒側への賠償金
約131万円を負担することに
なりました。
本人は
「ちょっと押した程度」と
言ってますが
「違法な体罰を故意に行い
暴行の程度も激しかった」と
裁判所は判断しました。
学校の責任から
個人の責任へ移らせるしかない時代ですね。
被害者のこころのケアにも
よいと思います。
 ―間違ったことは間違っていると
 認められる。
PTSDで解離している先生には
★暴力が許されない時代であることも
★実は激しい暴行をしたことも
★職を失う悲劇も
解からないですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。