創られたADHDはパチンコ依存症になるだろう

広汎性発達障害と診断された
親御さんのブログ
会社を経営されてるし
子どもの身なりもかわいいし
一緒によく遊んでるし
 ―大事にしているように見える。
もちろんたたいたりしません。
世間の人も
ブログに寄ってくる人たちも
紳士だと思ってると思います。
政治家にも働きかけています。
しかし
視点が冷たいんです。
 ―病的な冷たさ
 
  多分【解離】してる。
★簡単に薬物を与える
 知識はあるはずなのに
 安易に与えるのも虐待だし
 観察日記に
「酔っ払いおじさんみたいに
 ラリってる」
 
 なんて平気で書きます。
★ゲームセンターに連れてゆく
 柔らかなこころには穏やかなもの
 正しいもの、美しいものを
 見せるべきです。
 騒々しいもの、グロテスクなものは
 避けなければ
 無意識が不良在庫になります。
 それを使って将来
 物を考えるようになるのですから
 これは大事なことです。
 殊に
 PTSD児は反応してしまう病ですから
 騒々しいところは苦手です。
  「興奮状態になると
 全く落ち着きがなくなり
 周りが見えなくなりますが
 しばらくすると我に返って戻ります」と
 書いてます。
  ―観察力はありますね。
  しかし感情が欠けてます。  ←【解離】
 水辺で遊ぶ表情は自然です。
 たくさんのスイッチやハンドルが並ぶ
 騒々しいゲーム機の前に座ったとたん
 
 場当たり的にめちゃくちゃな行動をしたあと
  ―対応しようとして
  躍起になっているのです。
 この子なりにキレて
 『もうっ。いや、おしまいっ!』と
 立ち去ってます。
  ―こころの傷つきと一緒に不全感が残ります。
  将来なぜかパチンコ店に行くと
  落ち着くようになるでしょう。
 ビデオカメラを置いて
 よく観るべきですね。
 そして
 「困ったね」と寄り添うべきでしょう。
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
大人の場合は
『借りぐらしのアリエッティ』で
警告されてます。
やさしいよいお母さんなんです。
しかし
いきなり身柄を拘束され
閉じ込められて
上から目線で観察されたら
誰だって
パニックになります。
日常にある魔境です。
フツーの市民が
日常で病気を創っているのに
誰も気づかないんです。

創られたADHDはパチンコ依存症になるだろう」への2件のフィードバック

  1. するめ

    SECRET: 0
    PASS:
    どんな方かと検索して見てみました。
    1才まですくすく育った赤ちゃんが、途中から発達障害になることなんてあるんでしょうか。
    その時に大きな心の傷を受けたとそか考えられませんね。そして、その後のケアがまったくない・・・
    このお父さんは真剣に子供に接していると言いますが、なんとも言い知れぬ「冷たさ」を感じますね。冷たさというより「冷酷さ」という感じは、言葉のはしはしに表れていますね。愛があったら絶対に使わない言葉↓がちりばめられていることに驚きました。(カッコ内は私の言葉です)
    ・何度制止してもしつこく(しつこく?)
    ・こんなことでは困りますね(困りますって、あなた)
    ・おかしな時(おかしい?)
    ・やたらに転ぶ(やたら?)
    ・妙に突っ張って(妙に?)
    ・ヘラヘラ笑う(ヘラヘラって・・・)
    ・やたらに人の足を(やたら?)
    ・意味不明の声をだしながら(意味不明の?)
    ・さらに最悪になると(最悪って・・・)

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >するめさん
    どのブログかわかってしまうんですね(;^_^A
    発達障害の代表選手みたいなブログですが、とんでもない代表で…。
    冷たいでは言い足りないですね。冷酷ですね。
    本当に恐ろしい話です。
    この家に生まれていたらと想像すると、背筋がぞくっとします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。